モダン農業

  • イラスト育児日記「おれボテ志」
  • うるまでるびグッズのご紹介

2010-01-21

オム、世代交代を考える

前回、両親に感謝なんていいことを書いたら、サイトの運営の方から、オムさん、世代交代どう考えてるの?なんて素朴なご意見もらいました(笑)。子供に残す農業を書いてほしいと。

子供に残す農業、っていう言葉があまりにも壮大に思えて、ちょっと笑ってしまったんですけどね。なるほど、そうきますか。

一応私も3児の親なので、世代交代のことを考えてないわけでもないですが、まだまだ現実味を帯びてないせいか、親になる前からの考えとあまり変わってません。

結論からいうと、家は継いでほしいが、農業は継ぎたかったら継げば? という考えです。農業は大変だからやめておけとかではなく、大人になって仕事として農業を選ぶなら継げば?という感じです。

代々農家だったから農家をやり続けなきゃいけないという理由はないですし。

ただ農家は継がなくてもいいけど、仕事がなくても困らないように、自給自足で生きていける程度の農作業の知識はつけてもらいたいという思いはあります。

これは農家に生まれた子のメリットかもしれません。耕された土地があれば、自分の食べるくらいはなんとかなるので、最悪、仕事がない時期が少しくらい(少しくらいですよ、笑!)あっても、大丈夫です。作物を育てることさえできれば。

継がないと決めたら、土地を売って楽するとか、農家に貸して収入を得るとか、自分で考えなよ、くらいのことを言えばいいかなと思っています。

こうやって書くと、どうやら私は「継がない」と言われる可能性の方が大きいのではないかと、うすうす思っているようです。

「継ぐ」と言われたら、そっちの方が驚きそうです。

で、もし継ぐといったらどうしましょうか(笑)。今のところ、まだまだ現実味がないので、漠然としてますが......。

まずは、自分ができなかった海外の農業のやりかたを自分の目で見てもらいたいと思っています。自分を否定しかねないですが、日本の農業って、必要以上の手間をかける傾向がある気がするんです。そこを改善するために、海外の知恵を見てほしいというかなんというか。

だから、自分が研究したり実践していた農法があっても、それを継いでほしいとも思ってません。いきなり「おやじのやってる農法は間違っている」と全否定から入っても気にしません。気にしません、えーと、たぶん。

なんて書いたら真面目に世代交代を考えなきゃなと実感してきました(笑)。

実は、ここに告白すると、運営さんから世代交代の質問を受けたときに、そのことに関しては、考えがはっきりしているから書きやすい!と豪語していたのです。いざ、書いてみると、いやもっと真面目に考えておかねば......と思いました。ほんと。

ということで今回はこれくらいで。