モダン農業

  • イラスト育児日記「おれボテ志」
  • うるまでるびグッズのご紹介

2009-11-19

オム、料理人をお手伝い

みなさんは農家・農業という言葉からどんなことを思い浮かべますか?

朝から晩まで汗水たらして土いじりして作物をつくってる映像でしょうか。
TVのニュース映像で白菜等が大量に破棄されている映像でしょうか。
今話題の「奇跡のりんご」の生産者の方でしょうか。

とりあえず世間ではあまりよいイメージはもたれていない様な気がします。

実際、天候に左右されることもあったり、作物を出荷してもセリで見合った値がつかなかったりなかなか大変です。

最近はそんな状態解消するためにも「6次産業」が提唱されています。

農業は1次産業ですが、作物を加工し(製造業=2次産業)、どのように販売するか(流通=3次産業)にまで生産者が関わろうとする動きです。 1+2+3=6というわけです。

たとえば......白菜を作っているとします。それを使って激ウマなキムチを開発し、「○○のキムチ」というブランドを作って売り出します。

生産から製造、販売までを手がけるのです。こうやって書くと、よく見かけるパターンではありませんか?楽○などのネットショップで。

これらの試みもおもしろいとは思っています。

ただ私自身は、1次産業(生産現場)で、まだまだやれることが残っていると考えています。

ひとつは収益方法の改善。

私は、作物を販売して収益をあげる方法だけでは、自分自身に明るい未来はないと思っています。

ですから、常日頃、作物を作る過程=農作業自体でお金をいただけないものかと考えています。

私は普通の方より、作物を育てる技術、情報や情報源とノウハウを持っていると思っています。
こんな野菜がほしい、といわれれば、突拍子もない作物でない限り品種選定、育成方法の調査、栽培まですることが可能です。

これらを生かして今取り組んでいる試みのひとつが、こだわりを持った料理人の手伝いです。
料理の手伝いではありませんw

彼らは自分の料理に、どんな野菜・どのような状態の野菜が使いたいか、かなり細かい要望を持っていたりします。

市販のものより歯ごたえがある野菜、彼らの考える安全安心な野菜、現在ではあまり栽培されていない日本古来の野菜などいろいろです。
もちろんそんな野菜などは市場にほとんど出回っておらず、意外とご自分で栽培されてらっしゃる方も多いのです。

ところが彼らはお店が忙しかったりしますので、野菜を育てるのに多くの時間を割くことはできません。

そこで彼らに代わり求める作物を探し育て方を調べたり、どう育てるのか実験したり、菜園を管理したりしています。

これがなかなか好評で、私にとっても農作業に対してお金を頂けて安定収入に繋がり、よい感じでまわりつつあります。

次回は、もうひとつのやれること、農法の開拓についてお話してみようと思います。よろしければ、読んでみてください。